体によくて美肌にも!おいしく食べられるピーマンの常備菜レシピ3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ピーマン 常備菜

みなさんはピーマンを積極的に摂取していますか?
子どもの嫌いな野菜ナンバーワンのピーマンのは、その苦みと青臭さが独特です。大人でも、喜んで食べる人は少ないかもしれないですね。

けれどピーマンは美肌効果や風邪予防、高血圧にも効果を発揮する、体にとてもいい野菜なんです。ピーマンをおいしく日常的に摂取できる常備菜レシピをご紹介します。


スポンサーリンク

ピーマンの栄養と効果

ピーマンは、もともと中南米が原産の野菜で、唐辛子の仲間です。その語源は、フランス語で「とうがらし」を意味する「ピマン」から来ています。

かのコロンブスが新大陸からヨーロッパに持ち帰ってから、香辛料として各地に広がっていきました。今では全世界どこでも見られるポピュラーな野菜のひとつです。

ピーマンはビタミンA、C、Eが豊富です。トマトと同じナス科の野菜ですが、ビタミンCの含有量はトマトの4倍もあります。
ビタミンが豊富なので、疲労回復や美肌、風邪予防はもちろん、高血圧、動脈硬化予防などにも優れています。旬の夏には栄養価も高くなり、緑黄色野菜の中でもトップクラスです。積極的に摂取すれば、夏バテ予防にも効果があります。

普段よく目にする緑色のものは、未熟なものです。赤ピーマンは緑ピーマンが完熟したもので、栄養価も2~3倍に上がります。

ピーマンはなぜ苦い?ピーマンが苦い理由
苦みがあるために嫌われるピーマンですが、その原因は香り成分の「ピラジン」と渋み成分の「クエルシトリン」が合わさることで苦みになっています。
鼻をつまんで食べるとピーマンが苦くなくなると聞くのは、苦みを感じさせる原因に香り成分のピラジンが関係しているからです。

育った環境でも苦みに影響します。栄養不足や日照不足など、不十分な環境で育ったピーマンは苦みが増しますが、ストレスなくすくすくと健康的に育ったピーマンは野菜本来の苦みも抑えられています。また、鮮度が落ちてもピーマンは苦くなります。

おいしいピーマンの選び方

新鮮なピーマンは、へたが鮮やかな緑色をしていて切り口がみずみずしいです。表面はツヤツヤとしていてハリがあります。

さらに健康に育ったピーマンは、まんべんなく日の光を浴びて鮮やかな緑一色です。果肉も肉厚で、持ってみると重さがあります。また、へたの角が6個以上あるものは十分に太陽光を浴びて栄養を吸収して育ったピーマンなので、一目でわかる健康の証です。

選び方の詳しい記事を鮮度と美味しさは直結している!新鮮なピーマンの選び方でご紹介しております。合わせてご覧ください。

ピーマンを常備菜に取り入れるコツ

ピーマンの常備菜には、油を効果的に使用することがコツです。苦み成分のクエルシトリンは油に溶ける性質を持っています。ピーマン料理の代表格、青椒肉絲が苦みをあまり感じられずおいしいのは、炒め油や牛肉の脂でクエルシトリンが溶けているからです。

時間が経ってもおいしさを残すためには、常備菜はピーマンのシャキシャキとした食感を活かしてみましょう。
気になる青臭さと苦みも油を使った料理にすれば、生や食感が残った加熱具合でもおいしく食べられます。また生食ほど薄切りにして、苦み成分が溶けだしやすいようにピーマンを切ります。

注意点として、食感を活かした料理にした場合は冷凍すると味が落ちてしまいます。冷凍保存はおすすめできません。

苦くない!ピーマンの常備菜レシピ

ピーマンは一般的に、1袋4~5個入り、150gで売られています。こちらのレシピで紹介する1袋もその量で作っていますので、作る量を変える場合は参考にしてください。

ピーマンが安く出回る旬の夏は、長時間コンロの前に立つ料理をあまりしたくない季節です。火をあまり使わず、暑い夏にさわやかに食べられるピーマンの常備菜レシピを、3つご紹介します。

無限ピーマンのエスニック風

無限ピーマンエスニック風

話題の無限ピーマンを、ナンプラーでエスニック風に仕上げた一品です。そのままでも、ご飯にのせてもおいしくいただけます。要冷蔵で、1週間ほど日持ちします。

【材料】(6人分)
・ピーマン …1袋
・ツナ缶 …1缶(75g)
・ナンプラー …小1
・しょうゆ …小1
・ごま油 …小1
・レモン果汁 …適量

【作り方】
①ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、横に細切りにする。

②ピーマンと汁気を切ったツナをタッパーで合わせてフタをし、500Wの電子レンジで1分30秒加熱する。

③ピーマンとツナを一度混ぜたら、またフタをしてそのまま冷ます。粗熱が取れたらレモン果汁を加え、冷蔵庫で冷やしてできあがり。

【ポイント】
電子レンジ対応の保存容器があれば、調理から保存まで一度にできてしまいます。洗い物も少なくて済みます。ピーマンは加熱し過ぎずに食感を程よく残すことで、シャキシャキとした食感が楽しくなります。

ピーマンのナムル

ピーマンのナムル
ピーマンを薄切りにして、ごま油と塩で味付けをしただけです。ごま油で苦みと青臭さが抑えられて、子どもでもおいしく食べられます。要冷蔵で、3日ほど日持ちします。

【材料】(4人分)
・ピーマン …1袋
・塩 …小1/4
・ごま油 …大1/2
・炒りごま …適量

【作り方】
①ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、横に薄切りにする。

②ピーマンに塩とごま油を和え、炒りごまも混ぜだらできあがり。

【ポイント】
新鮮なピーマンは生でもおいしく食べられて、苦みもそれほど強くありません。薄切りにして火は通さないことで、シャキシャキと仕上げます。新鮮でみずみずしいピーマンは、その苦みすらさわやかです。

ピーマンと厚揚げの塩辛炒め

ピーマンの塩辛炒め
塩辛を使った簡単時短レシピです。ごま油の風味と塩辛の相性が抜群!お酒のおつまみとしても、白ご飯のおかずでも美味しくいただけます。

要冷蔵で、3日ほど日持ちします。

【材料】(4人分)
・ピーマン …1袋
・厚揚げ …200g
・塩 …少々
・こしょう …少々
・片栗粉 …大1
・いかの塩辛 …50g
・ごま油 …大2
・しょうゆ …適量

【作り方】
①ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、縦に細切りにする。厚揚げは一口大に切ってビニール袋に入れたら、塩・こしょうをして片栗粉をまぶす。

②フライパンにごま油を強火で熱し、厚揚げを焼き目が付くように焼く。

③厚揚げが両面焼けたら、ピーマンも加える。焦げ目をつけては混ぜ、焦げ目をつけては混ぜを繰り返して、ピーマンをまんべんなく焼いていく。

④ここからは手早く。強火のままいかの塩辛を加えて炒め、いかに火が通ったタイミングでしょうゆを鍋肌からひとまわし加えて混ぜたらできあがり。

【ポイント】
終始強火で調理します。
ピーマンは余熱でも火が通るので強火でさっと調理し、クタクタになるまで炒めません。そうすることで、冷めた後でもピーマンの食感が残ります。
いかの塩辛は炒めることで生臭みが取れ、最後の焦がし醤油で香ばしい香りが付くので、お弁当のおかずとしても入れられます。

常備菜でピーマンをおいしく摂取しよう

苦くて青臭いピーマンは、子どもが嫌いな野菜のナンバーワンです。大人でもすすんでピーマンを食べようと思う人は、少ないのではないでしょうか。

ピーマンは食卓に並んでも、どうしてもおかずの脇役になってしまいます。けれど調理次第で苦みは抑えられ、シャキシャキとした食感とその苦みを上手に活かせば、十分主役になれる野菜です。

まずは常備菜として冷蔵庫にストックし、おいしく慣れ親しんでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*