炊飯器でほったらかしにしておくだけ、自宅で作る米麹甘酒の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
DSC_6440

今話題の米麹甘酒は、お米の成分である「でんぷん」の甘さのみで作られ、お砂糖を一切使わないという特徴があります。その優しくて自然な甘さに、初めて口にする方や甘酒が苦手というほとんどの方が、「これが甘酒?これならグイグイ飲める!」と驚きの声をあげるほど。

体に良いのはもちろん、女性は積極的に摂りたい!別名飲む美容液、米麹甘酒の美容効果にて、女性に嬉しい美容効果がたーっぷりと入っていることに触れましたが、今回は米麹甘酒の具体的な作り方についてお伝えしていきます。

作り方はいくつかありますが、私の一番のオススメは、炊飯器で作る方法です。え?炊飯器と思う方も多いと思いますが、炊飯器で炊いたご飯に米麹を加え、およそ一晩発酵だけ。少しのコツさえつかめば「ほったらかす」だけで作れてしまいます。

また一度作った米麹甘酒は、作りおきすること出来ます。冷凍保存も可能で、スイーツからお料理まで、その驚くべき広い活用方法について、まだまだ知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は、ほったらかしておけば、あっという間に出来る、炊飯器で作る米麹甘酒とその活用方法についてご紹介していきます。

かつて江戸時代では現代の栄養ドリンクのように滋養強壮剤として親しまれてきた米麹甘酒。スタミナをつけたいこれからの季節にもぴったりの甘酒を手作りして暑い夏を乗り切りましょう。


スポンサーリンク

米麹甘酒のもとの作り方

甘酒のもと

米麹甘酒のもとは、固造りタイプというもので、おかゆのような仕上がりになります。

これをもとにさまざまな料理やドリンクへ応用することができます。

材料
米2合
米麹200g (生でも乾燥でも)
水 生麹使用の場合:270cc / 乾燥麹使用の場合:350cc

必要な道具
炊飯器(保温が出来るタイプのもの)
温度計
布巾

1.米2合を通常ご飯を炊く時と同じように炊く。
2.ご飯が炊きあがったら、炊飯器から釜を取り出し、水を加え、しゃもじでよく混ぜる。

米麹甘酒2

3.60度になるまでかき混ぜながらご飯の温度を下げる。

米麹甘酒3

★このときにうちわや扇風機などで風をあてながら混ぜると早く下がります。水を加えてから時間を置きすぎると米が水を吸い過ぎてしまうのでおきっぱなしにしないこと。

米麹甘酒5

4.60度まで下がったら、米麹を加え、さらに混ぜる。

5.炊飯器にもどし、保温のスイッチを入れる。

6.炊飯器の蓋をあけたまま、内がまの上からふきんを軽くかけ、13時間ほどおく。

米麹甘酒6

★途中、2時間程度たった頃にしゃもじで一度かき混ぜる。その後可能であれば5時間程度たった頃に再度かき混ぜる。

7.少し黄色味をおび、米の粒が溶けてトロトロの糊状のおかゆのような状態になれば出来上がり。スイッチを切り、釜を取り出し、上から軽く布巾をかぶせ、粗熱が取れるまで冷まします。

8.粗熱が取れたら密閉容器やジッパー付きの袋に入れ、冷蔵か冷凍保存します。

上手に作るコツとポイント

★炊飯器は保温ができるタイプのものを使いましょう。
★温度は55~60度をキープ。それ以上温度が高くなると発酵が上手くいかず、甘くなりにくくなります。
★米麹を混ぜる前の作業、炊きあがったご飯の温度をしっかり60度まで冷ましましょう。温度がしっかり下がらないまま、米麹を混ぜてしまうとうまく発酵せず、甘くなりません。
★炊いたご飯に水を加えた後、長時間置いてしまうとご飯が水を吸いすぎてしまい、うまく発酵しない場合があるので温度を下げたらすぐに米麹を混ぜましょう。
★季節により、温度の変化が異なるので注意しましょう。

保存方法

冷蔵であれば10日程は冷蔵庫で保存できます。それ以上保存したい場合は、冷凍保存がおすすめ。

その場合は、ジッパー付きの保存袋に入れ、空気を抜き、平らの状態にして冷凍庫で1か月程保存できます。麹甘酒は、完全に固まらないので、薄く平らの状態にしておくことで、使用時に使いたい量を簡単に手で折って使うことができます。

また、製氷皿などへ大さじ1杯など量を決めて入れ、少量ずつ小分けに凍らせることで、使いたい時に決まった量を使うことができるのでわかりやすく便利です。

甘いものが欲しい時などはこのキューブ状に凍らせたものをアイスクリーム代わりにそのまま食べると満足度も高く、当然油脂分もないのでダイエットにも効果的です。

まとめ

今回は、ほったらかしておけば、あっという間に出来る、炊飯器で作る米麹甘酒とその活用方法についてご紹介しました。

スタミナをつけたいこれからの季節にもぴったりの甘酒を手作りして暑い夏を乗り切りましょう。

次回はこの甘酒のもとの応用編をお届けします。まずはドリンクから。甘酒を一番手軽に楽しむことができるのがドリンク。続けられるコツなどもあわせてお読みください。

番外編:なぜ甘酒がダイエットに効果的なのか?

甘酒がダイエットに効果的な一番の理由は、【砂糖の代用として有効】ということがあげられます。

砂糖は、カロリーはありますが、その中に含まれる栄養価は大変低く、特に上白糖などの精製されているものには栄養価はほぼ含まれていません。甘酒は、ビタミン、酵素、アミノ酸をはじめ、砂糖には含まれない様々な栄養成分が豊富に含まれます。

砂糖代用の甘味料として甘酒を使うことにより、それらの栄養成分が摂取できるという観点からダイエットに有効と考えられます。ただし、糖分にはかわりないので摂りすぎには注意が必要です。

同じ甘いものを摂るなら、栄養成分が豊富な甘酒を使用したほうがよいということを覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*