れんこん アク抜き

レシピ本やサイトでれんこんの調理方法を見ると、そのほとんどの最初の手順として「アク抜き」という工程があります。

このアク抜きとは、れんこんを調理する際に「皮を剥いたら水にさらす」ことを意味します。

そもそもアクとは「灰汁」と書き、れんこん以外にもさまざまな野菜類に含まれている成分です。アクは料理の渋みや苦み、えぐみなどにつながり、風味を損なう原因に繋がります。

しかしながら最近の研究では、このアクには栄養成分が豊富に含まれていることが多く、このアクを取り除くことで栄養成分も取り除いてしまう恐れがあることが分かってきています。

果たしてれんこんの調理過程で「アク抜き」は必要なのでしょうか?詳しくご紹介していきます!

続きを読む