塩ゆでが一番!3つのコツを押さえる美味しいアスパラのゆで方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アスパラ ゆで方

アスパラは、1年を通して、スーパーで購入することが出来る普段の夕食に、子供のお弁当に大活躍の万能野菜です。

アスパラガスは、4〜6月の今の時期が最も旬 で美味しく食べられます。

アスパラガスは根元の皮部分に繊維質が多く、食感が悪いため茹でる前には皮をそぎ落としておくのが美味しく食べられるコツ です。また、意外と知らない人が多いですが、部位によって、ゆで時間を変えることで、食感を損なうことなくシャキシャキ。

旬の時期のアスパラガスは旨味も強く、シンプルに茹でることで本来の甘みを楽しむことができます。美味しいアスパラのゆで方をマスターしましょう。


スポンサーリンク

鍋で茹でるのと電子レンジは同じ”茹でる”でも何が違う?

同じ”茹でる”という調理法でも、鍋と電子レンジでは、何がどう違うのでしょうか?

それぞれの用途によって、使い分けるようにしましょう。

鍋で茹でる

美味しくいただくひと手間を惜しまない人、食に関心の高い方。料理や手作りが好きな方向けです。

メリット・デメリットを確認した上で、鍋で茹でる調理法を選ばれる方は基本を押さえよう!アスパラガスの美味しい茹で方を、見ましょう。

メリット・・・野菜本来の味と甘み、食感が活かされる。色がよく仕上がる。食感がよい。(シャキシャキ感が残る)
デメリット・・・水溶性ビタミンが失われやすい。

電子レンジで茹でる

とにかく簡単に下ごしらえをしたい。忙しさでできるだけ時短、手をかけずに料理したい人向けです。

メリット・デメリットを確認した上で、鍋で茹でる調理法を選ばれる方は時短効果大!電子レンジでの茹で方を、見ましょう。

メリット・・・早い。洗い物が少ない。ラップだけでできる。水にさらさなければ栄養素が失いにくい。
デメリット・・・色が悪くなりやすい。柔らかくなりすぎるので食感が茹でたものにくらべて悪い。(シャキシャキ感がない)。香りがなくなる。

基本を押さえよう!アスパラガスの美味しい茹で方

アスパラ 塩ゆで
基本的な塩ゆでをマスターしましょう。

切ってから茹でるの?茹でてから切るの?どちらが良いか迷われる方も多いようですが、茹でてから切った方が水切りがよいので、水っぽくならないという理由から、食べる前に切ることをおすすめします。

アスパラガスを美味しく茹でるコツは、

・食感をよくするために根元1/3の部分の皮をピーラーなどでむく
・茹でる前に根元が太いものは3ミリ程、十字に切りこみを入れておく
・根元部分を先に茹でることで他の部分との食感のバランスが取れる

の3つです。

塩ゆでをすることで下味がつき、ドレッシングなどがなくてもそのまま美味しく食べられます。
旬なアスパラガスは、素材本来の味を堪能できるシンプルな塩ゆで がオススメです。

炒めものなど油調理するものは、茹であがり後に油をふると風味が落ちずに色止めにもなります。

材料(調理時間7分)
アスパラガス 1束
水 500ミリリットル
塩 小さじ1

※塩は、ミネラル分の多い自然塩がおすすめです。

作り方

1)アスパラガスを洗い、先端を少し切りそろえます。

2)先端から1/3の部分は皮に繊維質が多く、食感が悪いためピーラーなどで剥いておきます。

アスパラ 剥き方

アスパラ 揃える

3)先端が太いものは3ミリ程十字に切りこみを入れると茹でた時に火が通りやすくなります。

アスパラ 切り込み

4)皮をむいた近くの部分のはかまを取り除きます。はかま(下記、図の部分を”はかま”と言います)はすべて取り除かなくても大丈夫ですが、皮が固いところのちかくは取り除いた 方が、食感が気にならなくなります。

アスパラ はかま

5)皮をむいた1/3部分を切っておきます。

6)フライパンなど、大き目の鍋に水を入れ、沸騰させてから塩を入れ、中火にします。

天然塩は水から入れてしまうと、えぐみがでてしまうため、湯が沸騰してから入れるのがコツ です。

アスパラ 茹でる

7)先端の1/3部分を先に茹でます。この部分を先に茹でることにより、残りの部分との食感のバランスが取れるようになります。30秒ほど茹でましょう。

アスパラ 塩ゆで中

8)残りの部分を入れ、1分茹でます。

9)茹であがったら流水や氷水で粗熱をとり、ザルにあげて水を切ります。

10)粗熱がとれたらキッチンペーパーで水分をとります。(出汁汁などにひたしておくと、お浸しとしても美味しくいただけます!)

茹でた際の注意点

茹でた後に水に長時間さらすと水っぽくなります。水分にさらすなら、味をしみ込ませたい出汁などがベター。

粗熱がとれたらなるべく早めに水分を拭き取りましょう。

時短効果大!電子レンジでの茹で方

1)~5)の工程後、部位ごとにまとめてラップに包み、500wで40秒加熱 します。(調理時間:約5分)

そのまま粗熱が取れるまでおいておきます。粗熱が取れたらキッチンペーパーで水分をとっておきます。

茹でた後は、2日程保存ができますが、それ以上保存する場合は、密封袋などに入れ、空気を抜き冷凍保存が可能です。1カ月以内に、使い切りましょう

電子レンジですと、ルクエなどのスチーム容器を使うのがオススメです。

ルクエ スチームケース レギュラーサイズ トマト スペイン製 62036

アスパラガスの保存方法

アスパラガスは70%が水分なので、乾燥は大敵です。

その日に下ごしらえするのが一番ですが、保存する場合はその水分をキープするように気をつけるだけで長持ちします。

濡らしたキッチンペーパーにくるんで、ビニール袋に入れ、野菜室に保存しましょう3~4日 は保存できます。

まとめ

アスパラガスを美味しく茹でるコツは、

・食感をよくするために根元1/3の部分の皮をピーラーなどでむく
・茹でる前に根元が太いものは3ミリ程、十字に切りこみを入れておく
・根元部分を先に茹でることで他の部分との食感のバランスが取れる

の3つです。

今回お伝えした基本的な塩ゆでをマスターし、美味しいアスパラガスを食卓に並べましょう。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*